仲介手数料は不動産の利益になる?

賃貸住宅の仲介手数料を知りたい人のための情報サイト

賃貸住宅の仲介手数料とは?不動産業者の利益になるの?

賃貸住宅の契約に際しては、いくつもの初期費用が発生します。 仲介手数料もそのひとつです。 なぜ、このような費用を支払う必要があるのか、疑問に感じる人もいるかもしれません。 また、仲介手数料が不動産業者の利益になるのかどうかについても、把握しておきたいですよね。

仲介手数料は不動産業者の収入源

家や土地などの不動産を所有している人は、不動産関連の情報を常に収集しておく必要があります。
空き屋を所有している人は、適切な管理が求められます。
また、不動産の売却や管理をするとき、不動産業者選びがポイントになることも知っておきましょう。

不動産を所有していない人にとっても、不動産関連情報は無関係とはいえません。
賃貸住宅を契約するとき、不動産業者を介することも少なくないからです。
賃貸契約に際しては、敷金や礼金などのほか仲介手数料が発生します。
仲介手数料は不動産業者に支払う性質のもので、借主か貸主のどちらかが全額負担するほか、双方で折半する方法もあります。

仲介手数料の内訳はケースバイケースです。
しかし、いずれにしても不動産業者にとっては大切な収入源になります。
もちろん、仲介手数料が不動産業者の利益になることはいうまでもありません。
ただし、仲介手数料には上限額があり、不動産業者はそれを超えた金額を受け取ることができません。

一方、仲介手数料を無料にしたり、安く設定したりすることは差し支えないのです。
また、それらの物件をアピールする背景には、自社物件や管理物件など、不動産業者にとって継続収入ができる物件が存在することも知っておきたいですね。

こちらのサイトでは、不動産業者が受け取る仲介手数料に関して、賃貸住宅の借主側に役立つ情報を中心にまとめました。
進学や就職、転勤など、人生の節目のときに賃貸住宅を利用する人もいると思います。
そのようなとき、賃貸住宅探しのヒントにすることをおすすめします。

仲介手数料を無料などにできる理由

賃貸住宅を借りた経験がないと、契約時の仲介手数料に驚くこともあるでしょう。 こちらの手数料は不動産業者の収入源にもなるため、上限ギリギリまで設定されても不思議ではありませんね。 そんななか、仲介手数料無料や半額などの物件も存在します。 ここでは、そういった経営が可能な理由に迫っていきましょう。

賃貸住宅探しをするためのコツは

仲介手数料が掛からない物件は、初期費用が抑えられるなどのメリットがあります。 しかし、自分が気に入った物件を探すためには、仲介手数料にこだわらないことも大事かもしれません。 こちらでは、賃貸住宅探しのときに知っておきたいコツについて紹介していきます。

TOPへ戻る