賃貸住宅の仲介手数料を知りたい人のための情報サイト

>

賃貸住宅の仲介手数料とは?不動産業者の利益になるの?

仲介手数料とは

不動産関連情報は、不動産を所有している人だけでなく、それを利用する人にとっても大事な存在です。
これまで賃貸住宅を借りた経験のある人のなかには、契約時の思わぬ費用に驚いた人もいるでしょう。

賃貸住宅を探すときに、月々の家賃や共益費などを意識することが多いですよね。
駐車場が必要な人は、家賃に含まれているか、付近に駐車場があるかどうかも大事な条件になります。
このような費用は、ずっと住み続けるために発生するため、見逃すことはできません。

それとは別に、賃貸住宅の契約時には「仲介手数料」が発生することを知っておきましょう。
こちらは、不動産業者にとって貴重な収入源になるのです。

なお、仲介手数料は契約時のみに支払うことが大きな特徴です。
そのため、契約解除時(退去時)には掛かりませんが、契約時に払った分が戻ってこないことも承知しておきたいですね。

仲介手数料の計算方法

賃貸住宅の仲介手数料は、不動産業者にとって貴重な収入源だとわかりました。
不動産業者側になって考えると、少しでも多くの収入があったほうが嬉しいですよね。
しかし、仲介手数料には上限があり、それを超える額を請求すると違法になります。

仲介手数料は「家賃1カ月分+消費税」で計算され、こちらの範囲内に収める必要があります。
これは「宅建業法」で定められていることも知っておきたいですね。
ただ、より多くの利益を得るために、上限いっぱいに設定する不動産業者も少なくないようです。

なお、仲介手数料の負担については、借主が全額払う、貸主が全額払う、それぞれが折半する方法が存在します。
いずれの場合でも、不動産業者が受け取る仲介手数料は、その上限を超えないとされています。


TOPへ戻る