賃貸住宅の仲介手数料を知りたい人のための情報サイト

>

仲介手数料を無料などにできる理由

貸主が全額負担する場合も

仲介手数料は「家賃1カ月分+消費税」の計算式からはじき出されます。
また、こちらの金額を超えてはいけないこと、借主と貸主の双方から受ける場合も計算した金額内に収めなければなりません。

どのような形にするのかは個々のケースによっても異なります。
賃貸住宅の借主が全額負担するケースのほか、貸主が全額負担する場合もあるのです。

後者の場合では、当然、借主には仲介手数料の支払いが発生しません。
これは、賃貸住宅探し中の人にとって、大変ありがたい存在ではないでしょうか。
ただ、そういった物件は少ないことも知っておきたいですね。

ちなみに、仲介手数料の計算方法として「家賃0.5カ月分+消費税」を取り入れている不動産業者も存在します。
また、同じ不動産業者でも店舗によって異なる場合もあるようです。

ほかの費用が高くつくことも

仲介手数料が無料、あるいは安い物件は、初期費用を抑えたい人にとっては大変ありがたい存在です。
賃貸住宅の契約後、引っ越しが落ち着くまでには、思った以上にお金が掛かります。
そのためにも、ぜひとも抑えておきたい物件ではないでしょうか。

ただし、仲介手数料が掛からないからといって安心はできません。
不動産業者からは、ほかの名目で費用を請求される可能性もあるからです。
そのひとつに、入居前の清掃に関する費用があります。
気持ちよく新生活を始めるためにはプロによる清掃も大事ですが、ほんとうに必要かどうかは微妙かもしれませんね。

ほかにも、なんらかの付加サービスが強制になっている場合もあります。
そのため、仲介手数料が安くなったことだけを素直に喜ぶのではなく、トータルでいくら掛かるのかを冷静に判断することをおすすめします。


TOPへ戻る