賃貸住宅の仲介手数料を知りたい人のための情報サイト

>

賃貸住宅探しをするためのコツは

おすすめ物件を把握する

仲介手数料が掛からない物件のなかには、不動産業者が継続的な収入を得られる物件も含まれます。
そのため、仲介手数料を無料にしても採算を取ることが可能になるのです。

不動産業者が扱う賃貸物件には、自社物件、管理物件などがあります。
自社物件は不動産業者が所有しているため、借主からは毎月の家賃収入が期待できます。
また、管理物件は貸主からの管理手数料が得られるため、不動産業者にとってもありがたい物件といえます。

どのような物件を扱っているのかは、不動産業者によっても異なります。
同じ物件を複数の不動産業者が扱っている場合もあり、不動産業者によって仲介手数料が異なることも知っておきましょう。

このような理由から、物件探しをするときは、より多くの情報を集めることをおすすめします。

仲介手数料にこだわらない

賃貸住宅探しをするとき、不動産業者を介する方法が一般的です。
そうすることで、貸主とのトラブルを回避できるなどのメリットが期待されます。
また、不動産業者の存在は、物件の貸主にプラスになることも少なくありません。
むしろ、優先的に紹介したもらうために、広告料を払う貸主も存在するくらいです。

賃貸物件を探すときは、少しでも安く抑えたい気持ちになります。
そのために、仲介手数料に関心がいくのも無理からぬことでしょう。
しかし、仲介手数料無料などにこだわりすぎると、満足できる物件に出会えないかもしれません。

やはり、長く快適に暮らすには、築年数や間取り、周辺環境などをしっかりチェックすることが大切です。
お気に入りの物件を見つけるためなら、仲介手数料の支払いを安く感じる人もいるのではないでしょうか。


TOPへ戻る